ゆるママ|とても心配性なママの絶対に我が子を守りたいブログ

私は心配性をポジティブに捉えていて、研ぎ澄まされた「これ危険かも!?」センサーで安全対策をして子どもを絶対守ってあげられると思っています。災害や事故や病気から子どもを守りたいママに役立つ情報を発信します。

2017バレンタイン|こだわり素材のチョコを探すなら楽天市場がおすすめ

 

 

今年もバレンタインデーが近づいてきましたね!

 

10代の頃は手作りのチョコレートをラッピングして、片思いの男の子に義理チョコのふりとかして、いかにさりげなく渡すのか友達と作戦会議したりしてたな~(*^-^*)

 

今みたいにスマホで手軽にレシピが見られる時代じゃなかったし、森永とかのチョコのパッケージの裏で紹介されてる簡単レシピ特集なんかを参考にしつつ、

 

友チョコはみんなも手作りだから、ありふれたレシピでかぶりたくなくて、お母さんの持ってるお菓子作りの本を引っ張り出して、あれこれアレンジ考えたりしてたのも懐かしい~(*^-^*)

 

社会人になってからは、女性ばかりの営業部隊だったから、お客様への「日頃の感謝をお伝えする贈り物選びのたしなみ」みたいな感じで、デパートの煌びやかな高級ブランドチョコレートの名前をいっぱい教えてもらったっけ (^^♪

 

f:id:Konomix:20170129010045j:plain

 

そういえば、義理チョコどころか会社の封筒に入れて送った「営業チョコ」で勘違いしてホワイトデーに彼女にあげるようなアクセサリーをくれた人がいて、それがきっかけでその人、今は私の旦那さんです(笑)

 

結婚してからは、甘い物よりお酒が好きな旦那には、こんな感じのビールとかチョコ以外のプレゼントがメインになったけど、

 

 

ちょうど「自分へのご褒美チョコ」なるカテゴリーが流行り出した頃だったし、デパートで自分のために1箱買うのが毎年この時期の楽しみでした☆

 

f:id:Konomix:20170121061918j:plain

 

そんな私が今年は楽天市場を選んだのは、なぜでしょう??

 

小さな子がいてデパートへ出掛けるのが大変だから??→それもあります(^^)

 

ネット限定品や全国の百貨店のチョコレートを一気にチェックできるから??→これもあるけど、ちょっと違います(^^)

 

正解は「見た目の華やかさだけじゃなく、素材や作り手のこだわりを確かめてから買いたいから」!!

 

デパートのショーケースに宝石のように並んだチョコレート☆とっても綺麗で美味しそうなんだけど、実際にパッケージを手に取って、成分表示をチェックするのは、かなり勇気がいる雰囲気。。

 

レジまでまっすぐ伸びる行列は「私ここで買うことに決めてます☆」って人ばっかりですよね?(^^;)もちろん並ぶ前にショーケース覗いて、雰囲気やお値段を確認するくらいはできますが。。

 

  f:id:Konomix:20170130065802j:plain  

 

 

 

f:id:Konomix:20170130075812j:plain

 

パッと見は同じような艶やかで真っ赤なハート型のチョコ。かたや石油から合成された「タール系色素」の赤40を使用していて、かたや表示を見るかぎりでは着色料は不使用。この色はスグリの色かしら?(*^^*)

 

タール系色素について詳しくはこちら!

 

デパートでこの情報を確認しようと思ったら、店員さんの後ろに平積みにしてある商品見せてもらわないとだし、なかには表示の上からプレゼント用の包装紙かかっちゃってるお店もあった気がするなあ(^^;)

 

それを考えると楽天みたいな通販モールで「チョコレート オーガニック」とか「バレンタイン 添加物不使用」なんて検索して、原料表示もちゃんと載せてるお店を選ぶ方が、催事場の雰囲気からも浮かなくて気持ちが楽なのでは、ないでしょうか(*^^*)

 

宝石みたいなチョコレートを選ぶなら今年は「Nello」にしようかな♪

 

いかがでしたか?(^^)

 

若かりし日の思い出に浸りながら、素材も気になる健康志向さんにオススメなチョコレートの購入方法を提案させて頂きました(*^^*)

 

「チョコレート オーガニック」で検索したら、有機JAS認定の北海道産小麦やオーガニックココアで作った「自然素材のケーキ」とか、

 

白砂糖や乳製品を使わずにフルーツやココナッツシュガーで甘みをつけた「マクロビ視点のチョコレート」など美味しくって身体によさそうなバレンタインギフトがたくさん、ありました!!

 

なので、まだまだ目移りしてるのですが、小箱に入った宝石みたいなチョコレートはこの季節ならではで、やっぱり捨てがたい!!(*^▽^*)

 

 

 

チョコレートの本場、ベルギーの大使館もオススメしている「Nello」(読み方はネロ)

よく見るとロゴマークに『フランダースの犬』のネロとパトラッシュがいるから、画像をクリックして探してみてね☆

 

「濃厚さ」と「まろやかさ」を出すためにチョコレートの部分はカカオ100%!機械での大量生産でなくベルギーで職人さんが1つ1つ手作りしているそうです(*^^*)

 

(中のプラリネクリームにはカカオ以外の成分も使ってます)

  

植物油脂や大豆由来の乳化剤(たぶんレシチンのこと)とか入ってるから添加物の観点からは「完璧」ではないけれど、見た目も凝ってる、こういうタイプのチョコの中では、かなり優秀なんじゃないかな??

 

f:id:Konomix:20161222013047j:plain

 先ほど、ちょっと話題にした「ケーキ」と「マクロビのチョコ」は、添加物の観点からも「完璧」だったので、追って記事にしたいと思います(*^^)v

 

最後までお付き合いありがとうございます!

 

この記事が役に立ったらこちらから他の記事もご覧ください☆

 添加物に気をつけたい人の普段づかいにピッタリな生協のことや、赤ちゃんとの暮らしについて書いています。

 

ちなみに記事を書いてるのはこんな人v(*^^*)